スポンサードリンク

中禅寺温泉

中禅寺温泉(ちゅうぜんじおんせん)とは、栃木県日光市(旧国下野国)にある温泉。 中禅寺湖の北岸、二荒山神社中宮祠付近にある温泉地である。


アクセス
鉄道 : JR東日本日光線日光駅、東武鉄道東武日光駅より東武バス日光湯元温泉行きで40分、中禅寺温泉下車
車 : 日光宇都宮道路清滝インターチェンジから15km20分

泉質
硫化水素泉

温泉街
ニ荒山神社中宮祠付近にホテルや旅館がひしめく。

ちょうど中禅寺湖の東北岸にあたり、湖上の遊覧船乗り場、東武バス日光の中禅寺温泉バスターミナルがあり、そしてその東方には華厳の滝という立地にあり、いろは坂の終点付近で奥日光観光では必ずといってよいほどここを通るため、宿泊にかかわらず、観光客が行き交う奥日光観光の拠点にあると言える。

なお、中禅寺温泉ロープウェイ(茶ノ木平ロープウェイ)の駅があったが、2003年4月に廃止されている。


歴史
源泉は日光湯元温泉で、1951年(昭和26年)に引湯を始めた。日光湯元は高温の源泉であるが、12kmの距離を来る間に入浴に適した温度になる。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日光湯元温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日光湯元温泉(にっこうゆもとおんせん)とは、栃木県日光市(旧国下野国)奥日光の湯ノ湖畔、金精峠の麓にある温泉である。



アクセス
鉄道:東武日光線東武日光駅または日光線日光駅より中禅寺温泉・赤沼・光徳温泉経由湯元温泉行きバス(東武バス日光)で約80〜85分。


泉質
硫黄泉

温泉街
湯ノ湖畔に約15軒のホテル、旅館があり、歓楽色は全く無い。

源泉地は、温泉街のはずれの湯ノ平湿原にある。各源泉には屋根が掛けられて保護されている。ここの源泉は日光湯元の各旅館への配湯だけでなく、近くの光徳温泉や遠く離れた中禅寺温泉まで分湯されている。

源泉地の隣には日光山輪王寺別院の温泉寺が存在し、お寺にも温泉が引かれ、共同浴場のような施設も存在する。


歴史
788年に、輪王寺を建立した勝道上人によって発見されたとされる。長く湯治場として発展していった。温泉寺も発見された時に建立されていたが一時期途絶え、昭和48年に再建されている。

酸ヶ湯温泉、四万温泉とともに国民保養温泉地第一号指定の温泉地でもある。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

川俣温泉

川俣温泉(かわまたおんせん)とは、栃木県日光市川俣(旧栗山村)にある温泉である。


アクセス
鉄道:東武鉄道鬼怒川線鬼怒川温泉駅下車、バス乗り換え約1時間30分川俣温泉入口下車
道路:日光宇都宮道路今市ICより約1時間30分

泉質
単純泉
ナトリウム−塩化物泉
無色透明の源泉
源泉温度70〜94℃

効能
切り傷 火傷 皮膚病 婦人病 動脈硬化 高血圧

注:効能は万人にその効果を保障するものではない


温泉街
奥鬼怒へ続く県道沿いに旅館が点在する。

約50分間隔で白煙と湯柱を吹き上げる間欠泉は温泉街の手前の噴泉橋から望める。間欠泉の高さは約15m。

周辺
奥鬼怒温泉郷
奥鬼怒
川俣湖
瀬戸合峡

歴史
平家落人集落を売りにしている。

古くは、開湯伝説では平家落人の平藤房の発見としていた。平藤房が実在の人物であるか否か、という議論以降は平藤房発見説による紹介は減り、藤原藤房の末裔である藤原藤四郎が発見した、という説に変わりつつある。藤原藤房は平家家臣であるとされる。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鬼怒川温泉

鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)とは、栃木県日光市(旧下野国)にある温泉である。関東を代表する箱根と並ぶ、東京の「奥座敷」と呼ばれ、東京の浅草又は新宿から特急列車で約2時間である。


アクセス
鉄道:東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅または鬼怒川公園駅すぐ。
東武鉄道の特急「きぬ」の運行により、東京方面から多くの観光客が押し寄せた。

2006年3月18日、JR東日本新宿駅〜池袋駅〜大宮駅〜東武鉄道鬼怒川温泉駅間で「きぬがわ」・「スペーシアきぬがわ」が直通運転を開始。東京都西部、埼玉県西部、神奈川県からのアクセスが向上した(同時に発生した問題は後述)。

車:日光宇都宮道路今市ICより約30分。


泉質
アルカリ性単純泉
単純泉
火傷に対する効能があるとされ、北側の川治温泉とともに「傷は川治、火傷は滝(現在の鬼怒川温泉)」と称された。


温泉街
鬼怒川温泉駅の南側から、鬼怒川公園駅までの間、鬼怒川沿いの両岸、滝地区と藤原地区に数多くの大型ホテル、旅館の建物が連なる。
歓楽街温泉としても栄えた場所であり、それに伴う飲み屋なども数多く存在していたらしいが、現状(2007年1月現在)、実際に営業している店舗は多くない。
鬼怒川温泉駅前は旅館業者が兼営するみやげ物店、食堂、売店が散在する。

周辺施設
温泉街の外れには、ロープウェイが存在する。ロープウェイの山頂側の駅近くに温泉神社が存在する。

鬼怒川温泉周辺には日光ワンニャン村、ウェスタン村、東武ワールドスクウェア、日光猿軍団、日光江戸村など人気のアトラクション、ミニテーマパークが多数立地する他に、エーデルワイススキーリゾート、ハンターマウンテン塩原などのスキーリゾート、ゴルフ場なども立地する。

立ち寄り風呂としては、鬼怒川公園内に町営の鬼怒川公園岩風呂(入浴料は大人500円)がある。また、ほとんどのホテル・旅館で入浴のみの利用も可能となっている。


歴史
古くは滝温泉という名前で、鬼怒川の西岸にのみ温泉があった。発見は1752年とされる。日光の寺社領であったことから、日光詣帰りの諸大名や僧侶達のみが利用可能な温泉であった。


明治から昭和初期まで
明治時代になって、滝温泉が一般にも開放されるとともに、明治2年には東岸にも藤原温泉が発見される。その後、上流に水力発電所が出来て鬼怒川の水位が下がるとともに、川底から新源泉が次々と発見され、次第に温泉として発展していった。


鬼怒川温泉の始まり
1927年(昭和2年)に、滝温泉と藤原温泉を合わせて鬼怒川温泉と呼ぶようになり、その名称は今日までいたっている。

戦後は特急「きぬ」の運行などもあり、東京から多くの観光客が押し寄せ、大型温泉地として、また歓楽街温泉地としての発展を見せた。ただし、その後は不振が続いた。


不振、破綻、再生へ
全国の大規模温泉旅館は不振が続き、バブル崩壊後は温泉街全体が経営的に一層苦しくなっている中、鬼怒川温泉も例外ではない。むしろ熱海温泉や別府温泉と並んで不振の代表格とされたことすらあった。さらに、同じ東京近郊立地の温泉地である箱根温泉に比べると、アクセスがやや不利で、集客にハンディがあった。

団体客相手を中心にした設備のままでの経営や硬直的で割高な料金設定(ホテル・民宿でほぼ全て同じ料金に設定していた時期もある)を後々まで続けていた事なども不振を促進させた理由である事は否めない。

加えて、それまで鬼怒川温泉の旅館ホテルに経営支援を行ってきた栃木県の地方銀行である足利銀行の経営破綻の影響で、大多数の旅館で資金繰りが悪化した。産業再生機構の支援対象となっている旅館業者は2005年4月末までで5社(同じ日光国立公園内では他に3社)あるほか、ここ2年間で廃業したものも2社(館)ある。

その後、明るい話題として、2006年には、新宿駅〜池袋駅〜大宮駅〜鬼怒川温泉駅間で「きぬがわ」・「スペーシアきぬがわ」が直通運転を開始した(一方では同時に料金不要の速達列車の大規模削減が実施されたので、全体的には利便性は大幅に損なわれている面もある)が、将来のリピーターとなる可能性のある一人旅の人や若年層の観光促進の問題などを勘案すると、先行きはまだまだ不透明なのが現状である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

袋田温泉

袋田温泉(ふくろだおんせん)とは、茨城県久慈郡大子町(旧国常陸国)にある温泉である。


アクセス
鉄道:水郡線袋田駅よりタクシーで約5分。


泉質
ナトリウム硫酸塩塩化物泉
源泉温度29℃
単純温泉
源泉温度43℃
飲泉による効能があるとされ、飲用医薬部外品としての許可を取得している。


温泉街
日本の滝百選にも選ばれている袋田の滝から流れ出る滝川のほとりに3軒の旅館が存在する。(但し、温泉を引いていない旅館を含めれば旅館数はこれより多くなる。)源泉の泉質は単純温泉である。

周辺は、袋田の滝の観光拠点となっていることからみやげ物屋なども多い。

また、日帰り入浴施設として「関所の湯」が存在する。こちらの泉質はナトリウム硫酸塩塩化物泉である。


歴史
開湯は平安時代であるという。開湯伝説によれば、田んぼの中から温泉が湧出したという。そのため、古くは「田毎の湯」という名称であった。

2種類の源泉のうち、温度の高い単純温泉は平成11年に新たにボーリングにより開発されたものである。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大子温泉

大子温泉(だいごおんせん)とは、茨城県久慈郡大子町(旧国常陸国)にある温泉である。


アクセス
鉄道:水郡線常陸大子駅より徒歩約10分。

泉質
芒硝泉
肌を滑らかにする効能から美人の湯とも言われている。


温泉街
久慈川沿いにホテル、旅館が点在している。温泉街から少し外れた国道118号沿いの道の駅奥久慈だいご でも温泉に入浴可能。日帰り温泉施設の「森林の温泉」などでは、近隣で採れるりんごを浮かべたりんご風呂が楽しめ、この温泉地の名物でもある。

近くには日本三名瀑の袋田の滝がある。


歴史
その昔、明治時代の紀行文作家である大町桂月が温泉地の美しさを称えたこともある。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
| 日記

猫啼温泉

猫啼温泉(ねこなきおんせん)は、福島県石川郡石川町(旧国陸奥国・明治以降の旧磐城国)にある温泉のこと。


アクセス
車:あぶくま高原道路玉川ICから国道118号で約20分程度、東北自動車道須賀川ICから国道118号で約40分程度
鉄道:水郡線磐城石川駅から徒歩15分程度

泉質
単純弱放射能冷鉱泉
源泉温度8.0℃

温泉地
温泉街はないものの、今出川の流域に2軒の旅館が存在する。

当地にある旅館を舞台とした小説も書かれている。内田康夫の「十三の墓標」、舟橋聖一の「ある女の遠景」などの小説である。


歴史
平安時代中期の女流歌人、和泉式部に縁があるとされる温泉である。開湯伝説によれば、和泉式部が京に上る際に、愛猫を当地において行ってしまった。その置いていかれた猫は、主人である和泉式部を探して啼き続けたと言われている。


このことから、温泉名に猫啼温泉とつけられたといわれる。この猫は、その後に病にかかるものの、当地の温泉に浸かった事により元気を取り戻した。このことで、鉱泉の効能に地元の人たちが気づき、湯治場として発展することとなった。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

母畑温泉

母畑温泉(ぼばたおんせん)は、福島県石川郡石川町母畑(旧国陸奥国・明治以降の旧国磐城国)にある温泉のこと。

ラジウム含有量は東北一を誇り、古くから湯治に利用され打ち身なら母畑へといわれることもある。


アクセス
車:あぶくま高原道路玉川ICから県道42号線および県道63号線を経由して約15分程度、東北自動車道須賀川ICから国道118号、県道139号線、県道63号線を経由して約40分程度
鉄道:水郡線磐城石川駅から福島交通バス母畑元湯下車

泉質
アルカリ性単純温泉
ラジウム含有泉
など


温泉街
母畑湖から流れ出る北須川流域に点在し、上の湯と下の湯と分かれている。なお、旅館数は6軒である。


歴史
伝説によれば、平安時代の末期、奥州征伐に訪れた八幡太郎義家(源義家)が、戦いの中で負った馬の傷を、当地の谷川の水で洗ったところ、傷が数日で治ることとなったとある。これが、当温泉の始まりである。

なお、当地にある母畑温泉元湯神社は、このことから源義家が母衣と旗とを奉献させて作られたとされている。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岩井戸温泉 (福島県)

岩井戸温泉(いわいどおんせん)とは、福島県双葉郡富岡町(旧国陸奥国、明治以降は磐城国)にある温泉である。


アクセス
鉄道:常磐線富岡駅よりタクシーで約10分。

泉質
単純炭酸鉄泉
源泉温度11℃の冷鉱泉である。

温泉街
山間部に3軒の旅館が存在する。

歓楽的要素は全く無く、現在でも農閑期の湯治場として機能している数少ない温泉である。

また、日帰り入浴も当地にある温泉旅館を利用することになる。


歴史
江戸時代には既に「相馬の湯」と呼ばれており、開湯はそれ以前と考えられる。

開湯伝説によれば、白鳥が傷を癒していた泉があり、それに入浴するようになったのが温泉の始まりである。

旅館などが出来たのは明治時代になってからである。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

いわき湯本温泉

いわき湯本温泉(いわきゆもとおんせん)とは、福島県いわき市(旧国陸奥国、明治以降は磐城国)にある温泉である。

「湯本温泉」は多数存在する。湯本温泉を参照のこと。


アクセス
鉄道:常磐線湯本駅すぐ

泉質
含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉
毎分5,000Lの湧出量がある。

かつてこの地にあった常磐炭田の抗底をボーリングをして温泉を汲み上げている。

月岡温泉、磐梯熱海温泉とともに「磐越三美人湯」に数えられている。


温泉街
駅前から山側に、温泉通り沿いに温泉街が広がる。

共同浴場は3軒存在する。その中の「さはこの湯」は日帰り入浴施設に近い感じである。

温泉街の西側には「スパリゾート・ハワイアンズ」という巨大温泉リゾート施設が存在する。また同じく温泉街西側にある日本中央競馬会競走馬総合研究所常磐支所には馬用の温泉入浴施設があり、しばしばTVなどでその光景が放映される。


歴史
開湯は古く、奈良時代であるとされる。ツルが温泉で傷を癒している所を発見したとされる。古くは「三函(さはこ)の御湯」と呼ばれ、道後温泉、有馬温泉と共に日本三古湯に数えられた。但し、一般的に日本三古湯が取り上げられる時は、いわき湯本ではなく日本書紀、風土記などに登場する南紀白浜温泉が入る事のほうが多い。

戦国時代には、信濃御湯、名取御湯ともに三御湯と言われた(いわき湯本の代わりに犬養御湯が入る場合もある)。

古くからその効能が知られ、湯治目的で訪れる人が多かったという。江戸時代には陸前浜街道の宿場としても栄えた。

明治時代に入って石炭採掘がはじまると、坑内から温泉が多く出水した。このことは地底の泉脈が壊されたことを意味し、大正8年に温泉の地表への湧出は止まってしまった。その後炭鉱側との協議により温泉が復活することができたのは昭和17年である。

炭鉱が斜陽化すると、常磐炭礦会社は石炭産業から観光産業への脱却を図った。昭和41年には常磐ハワイアンセンターをオープンする。当時は珍しかった温泉プールやレジャー施設、その中でもフラダンスショーを目玉にした狙いは見事成功し、常磐湯本温泉(当時:現在・いわき湯本温泉)の名を一気に高めた。

センター従業員、ダンサー、バンドメンバーには、炭鉱従業員とその家族を採用するなど、失業した炭鉱従業員・家族に雇用の場を与え、生活支援をするという側面もあった。また、現在各地にある温泉テーマパークの先駆的役割も果たしている。この話は「フラガール」という題名で映画化された。

但し、炭鉱が操業している間は湯量が十分ではなく。現在のように大量の湯を確保可能になったのは、昭和51年の炭鉱閉山後に炭鉱跡で源泉ボーリングを行ってからである。

鉱山開発で枯渇したことのある温泉は、他にも湯ノ口温泉などがある。

平成12年9月1日から平成15年1月31日までの間、日本各地の「湯本」を名乗る温泉地とともに宿泊スタンプラリーを行った。参加した温泉地はいわき湯本温泉の他に、ニセコ湯本温泉、岩手湯本温泉(湯田温泉峡湯本温泉)、岩瀬湯本温泉、長門湯本温泉である。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。